インドネシア スラバヤ市での取り組みがメディアに取り上げられました

北九州市アジア低炭素化センターのご支援のもと、北九州市の環境姉妹都市スラバヤ市で「有価物・有機物の問屋機能を有するリサイクル型廃棄物中間 処理施設」を展開することとなりました。
平成24年12月19日 北九州市の記者会見に同席した際の会見内容が、メディア各社に取り上げられました。

外務省 ODA事業に採択されました


このたび、弊社は外務省「平成24年度ODAを活用した中小企業等の海外展開支援に係る委託事業」 (途上国政府への普及事業)に採択され「スラバヤ市におけるリサイクル型廃棄物中間処理施設パイロット事業」を実施することとなりました。

日経新聞掲載 インドネシア事業


弊社のインドネシアでの取り組みが、日本経済新聞(平成24年12月13日)に掲載されました。インドネシア第2の都市スラバヤ市において、 廃棄物の分別と生ごみのたい肥化事業をすすめて参ります。それと同時に、日本で実績のある廃棄物追跡管理システムも導入しごみの 減量化と再資源化、都市の衛生環境向上のお役に立ちたい思っております。

古紙回収でギラヴァンツを応援しよう


11/23 ハローデイ共立大前店に「ついでにECOシステム」の2号機を設置いたしました。
買い物に来たついでに家庭の古紙を持ち込んでもらい、1kgで1ポイントをゲット。
500ポイントでハローデイ500円分商品券に交換できます。 古紙リサイクルをとおして、
ギラヴァンツを盛り上げたいとの思いにハローデイ様のご賛同ご協力を頂き実現いたしました。
今後も北九州市に同システム機を増設する計画です。

海外研修員受け入れ

低炭素化環境を目指す研修課程にて、代表が講師として「廃棄物処理に対する思い」の講話をいたしました。
研修員の皆さんと、リサイクルの知恵や廃棄分管理システム(法規制やソリューションなど)についてディスカッションいたしました。

タイ国より視察団

タイ国AKS社訪日団が視察にいらっしゃいました。 廃棄物の分別やプラスチックごみの燃料化を見学され、クラウドを利用した廃棄物管理システムとコンサルティングノウハウに熱心に質問を頂きました。